Archive for the ‘気をつけること’ Category

注意すること

2014-02-18

ライブチャットの利用方法自体は決して難しいモノでは無く、インタ−ネット初心者であってもテレビ電話と同様の感覚で直ぐに慣れる事が出来るでしょう。
ですが注意点として以下にご紹介するポイントは押さえておいて頂きたいと思います。
最初に会員登録手続きに際してですが、サ−ビス内容とサイトの利用規約をキチンと確認把握しましょう。
特に利用規約はサイト利用上の重要なル−ルや注意事項が明記されていますが、どうしても面倒臭がってしまい読み飛ばす人が多いのが現状で、
中でも支払い関連の記述に関しては、後になって「知らなかった」は通用しません。
例を挙げると余ったポイントの現金化は出来ないのが一般的ですし、ポイントの消費期限が設定されている場合も多々見られますので、
こうしたポイントを把握していないと、結果利用者側が損してしまう事に繋がってしまうのです。
更にはサイトが規定する禁止事項、利用時のル−ルやマナ−もしっかり認識しておかねばならず、これらは常識の範囲の話なのですが、
アダルト系のサ−ビスを提供するサイトには細部に渡る厳密な規定が設定されている事も多く、
打とえば脱衣行為の強要などはほぼ全てのサイトで共通するNG行為である半面、エッチなお喋り程度は許容範囲と解釈するサイトも見られます。
そして例えアダルト系サイトであっても、局部の露出行為やアップでの配信は違法行為に抵触しますので絶対に及んではならない行為ですし、
利用者に提供されるサ−ビス内容もサイト毎に異なるケ−スが多々見られる事も知っておきましょう。

無料で利用できるライブチャット

2014-02-18

お金を使わずにライブチャットを楽しむ、いわば裏技としてオススメなのが、無料待機画面の閲覧なのです。
ライブチャットサイトには各々、トップペ−ジに在籍チャットレディの写真を掲出しており、お気に入りの女性のサムネイルをクリックする事で、
無料の待機画面の閲覧が可能となっています。
ちなみに無料で閲覧出来る時間は1〜5分程度で、実際にチャットするなどのコミュニケ−ションを図る事は叶いませんが、
女性達の表情を見るだけでも結構楽しめたりするモノで、複数のライブチャットをハシゴして大勢のチャットレディの待機画面を楽しんでいるだけでも、
あっという間に時間が過ぎて行く事でしょう。
そんなライブチャットの無料待機画面ですが、より楽しむコツとしてご紹介しておきたいのが、チャットレディの表情や仕草を覗く事なのです。
彼女達のリアクションや見せる表情は十人十色で、カメラに向かって手を振ったりウインクや投げキッスしてくれるサ−ビス精神旺盛な女性や、
更に過激大胆に胸の谷間や太ももをチラ見せしてくれる女性に遭遇する事もあるかも知れません。
こんなチャットレディの仕草表情を見ているだけでも刺激満点なのです。
チャットレディ側にも待機画面を覗いている男性会員の存在が知らされますから、それに対してサ−ビスを届けてくれたりするのです。
何度も言いますが、この待機画面に関しては何時間閲覧しても一切料金は発生しないのです。

利用料金について

2014-02-18

ライブチャットの利用料金は、通話時間に対して課金され、サイト毎に価格設定差があるのは当然ですが相場を検証してみると、
チャットレディ1人に対して複数の男性が集うパ−ティ−チャットで1分間あたり200円前後、男女がマンツ−マンでお喋りするツ−ショットチャットで250円前後です。
ただしこれらはアダルト系ライブチャットのそうばであり、これがノンアダルト系となると半額程度が目安となります。
そして料金精算は事前にポイントを購入してこれを充当するスタイルが一般的であり、仮に1分1ポイント200円換算の場合、
1時間分60ポイントを「200円×60分=12000円」分先に購入しておく事となります。
ちなみにポイントはある程度まとめ買いすると値引きが適用されるケ−スが多く、また新規登録会員は15〜30分程無料体験が可能な場合が多く、
まずはこちらを有効活用してライブチャットを体感してみる事をオススメします。
先にも述べた通り、あくまで有料利用した通話時間に対して課金が生じますから、単に会員登録するだけで請求が為される事はありませんので、
肩肘張らずに会員登録しても大丈夫です(※悪徳サイトはその限りではありませんのでご注意を)。
そして支払い方法い関してですが、クレジットカ−ド決済、銀行振込が多く選択されています。
請求書が郵送される事はありませんので、第三者にアナタがライブチャット利用者である事を察知される懸念は不要です。
オンラインのサ−ビスとしては割高感が拭えないかも知れませんが、それでも風俗店やキャバクラに足を運ぶ事を思えばお得なサ−ビスに違いありません。

Copyright(c) 2014 人気のツーショットダイヤル紹介~meshsys~ All Rights Reserved.