要求の内容を臨機応変に変える

2014-04-23

アダルト系ライブチャットは無礼講という部分もあります。
利用者とチャットレディーの間で、とても卑猥な話をすることもOKとされているサイトが多いようです。
そのため、過激な質問を連発するような利用客も多く見かけられますし
チャットレディーもそういう意識がありますから、あまり抵抗なく質問に答え、会話を楽しめるようにしてくれます。

しかし、無礼講のアダルト系ライブチャットでも、最低限のマナーは守らなければいけません。
過激でHな会話が許されるからといって、相手のことをないがしろにするような言動はマナー違反です。

例えば、インして挨拶もなしに服を脱げと命令したり、いきなりHな質問責めをしたり
あまりにも常識のない言動は、相手の女性に警戒心を与えてしまいますし、嫌われる可能性も高いでしょう。
パーティーチャットで盛り上がっている最中に、1人の利用客の言動が雰囲気をぶち壊しにしてしまう
なんてこともありますから、パーティーチャットでは他の利用客のことも考えた言動をとるようにしましょう。

2ショットチャットでは利用客とチャットレディーが1対1でやりとりをするので
女性はある程度の緊張感を持っています。
お客様ですから、多少の無礼があっても嫌な顔はしませんが
内心ではあまりにひどいセクハラ行為は、チャットレディーもいい印象は持ちませんよね。

ここまでは許してもらえる、ここからは相手も嫌がってしまう、というラインを
常に見極めながら、2ショットチャットを利用するのがいいでしょう。
つまり、女性の顔色や表情によって、Hな要求の内容を臨機応変に変えることも重要です。

卑猥な発言が原因で、チャットから追い出されるということは、よほどのことがない限りありませんが
一方で、罵詈雑言を浴びせたり、嫌がっているのにHな行為を強要し続けたりすると
最悪、強制退会などの処分をされる可能性があるので、注意してください。

いくらアダルト系ライブチャットといっても、相手は1人の女性です。
最低限の社会的マナーは守るようにしましょう。

Copyright(c) 2014 人気のツーショットダイヤル紹介~meshsys~ All Rights Reserved.